アントシアニンとはどのような成分なの?


アントシアニンとはどのような成分なのか。アントシアニンとは、食品に含まれる天然色素成分、いわゆるポリフェノールといわれるものです。アントシアニンは主に目の健康維持に役立つ成分として知られており、今ではアントシアニンを使用した多くのアントシアニンサプリメントが販売されています。

アントシアニンとは紫の色素成分のこと

アントシアニンとは食品に含まれる天然色素成分のことと軽く触れましたが、天然色素の中でも、紫色を模した天然色素のことがアントシアニンと呼ばれています。アントシアニンが含まれる食品の中でも特に有名なのがブルーベリーですね。

ブルーベリーをつぶしたときに出てくる果汁は濃い紫色をしていますが、あればアントシアニンが多く含まれているためです。アントシアニンは紫の色素成分であることもあり、他の紫色の食品にも多く含まれていることで知られています。ブルーベリーだけでなく、ブドウやカシスなどが有名な例ですね。

アントシアニンとは目の健康を維持したい人に適した成分

アントシアニンとは目の健康を維持したい人に適した成分であるのです。近頃目がかすんできた、目がしょぼしょぼしてきた、目がかすんできた、目が見えづらくなってきた、といった悩みを抱えていまんか?そんな方こそアントシアニンを積極的に摂っておくべきなのです。

アントシアニンはブルーベリーだけでなく様々な植物に含まれる天然色素成分として知られています。植物は常に太陽の強い光から、強い紫外線ストレス・酸化ストレスにさらされています。こういった脅威から身を守るため植物は、アントシアニンといった抗酸化力の高い色素成分を生み出しているのです。

これがわたしたちの目にも同じことが言えるのです。アントシアニンがわたしたちの目を、強い紫外線ストレスや酸化ストレスから守ってくれるのです。だからアントシアニンは目の悩みを抱える人に適した成分だと言われているのですね。詳しくはアントシアニンの効果を参照のもと。

アントシアニンとはサプリメントから補給するべき有効成分

アントシアニンとはずばりサプリメントから補給するべき有効成分であります。というのもブルーベリーをはじめとする食品にもアントシアニンは含まれていますが、推奨摂取量といわれる一日あたり40グラム~90グラムのアントシアニンを補うには、

大量のアントシアニン含有食品を、それも毎日摂取する必要が出てきます。よほどのブルーベリー好きでない限りこれは現実的でないため、圧倒的なアントシアニン含有量を誇るアントシアニンサプリメントから補給するべきだというわけです。

アントシアニン関連情報