アントシアニンに期待出来る効果とは?


アントシアニンの効果について。アントシアニンには視力改善、眼精疲労改善といった、目の健康維持をサポートしてくれる働きがあります。

アントシアニンはよく目に良いとは言いますが、目だけでなく、様々な健康効果も期待できることで知られているのです。アントシアニンに期待出来る視力改善効果、眼精疲労改善効果、その他の健康効果についてそれぞれ見ていきましょう。

アントシアニンの効果「視力改善」

アントシアニンの効果として、視力改善が挙げられます。わたしたちの目には「ロドプシン」と呼ばれる重要な色素、及びたんぱく質が存在しています。わたしたちの目に存在しているこの「ロドプシン」に光が当たることによって、ものが見えると認識しているわけです。

しかし光に当たれば当たるほど、この「ロドプシン」は分解され、やがて減少していきます。すると十分な「ロドプシン」の存在しないわたしたちの目は、ものが見えづらいといった、視力低下の症状に悩まされることとなるのです。ここで活躍してくれるのがアントシアニンです。

アントシアニンには「ロドプシン」の合成を促進する効果があるので、十分な「ロドプシン」が得られたわたしたちの目は、視力改善というかたちで効果が期待できるわけです。これがアントシアニンには視力改善効果が期待できるといわれる所以なのです。

アントシアニンの効果「眼精疲労改善」

アントシアニンの効果として、眼精疲労改善が挙げられます。さきほど説明した「ロドプシン」の減少は、視力低下と共に、眼精疲労といった症状も招くことで知られています。

更にわたしたちは長時間近くのものを見続けたり、パソコンやスマートフォンといった強い光を見続けることによって、目の水晶体のかたちを調整する毛様体筋という組織が緊張・痙攣してしまいます。つまり目が疲れた状態になってしまうわけですね。

ここで活躍するのがアントシアニンです。アントシアニンはこの毛様体筋の緊張・痙攣をやわらげ、眼精疲労を改善してくれます。これがアントシアニンには目の疲れを改善する効果が期待できるといわれる所以なのです。

アントシアニンの効果は他にも

アントシアニンの効果として期待できるのは視力改善・眼精疲労改善といったものだけではなく、そのほかにも様々な健康効果が期待できることで知られています。具体的には、目の酸化ダメージから発症する白内障・緑内障といった眼病の予防効果。

脂肪の蓄積から発症するメタボリックシンドロームの予防効果。血液中の糖や脂肪が過剰となることで発症する動脈硬化・糖尿病・高血糖・高血圧といった生活習慣病の予防効果。

ヒスタミンの放出で発症する花粉症の予防効果など。アントシアニンは目に良いだけでなく、様々なところで健康に大きく貢献してくれている成分なのです。

アントシアニンの効果を発揮するために必要な摂取量

アントシアニンの効果を十分発揮するにはどれほどの摂取量が必要となるのか気になるところですよね。目への健康効果を期待するのに必要なアントシアニンの摂取量は、一日あたり40グラム~90グラムだといわれています。こう見ると少ないように見えますが、食品から摂取するとなるとかなり骨が折れるような摂取量となるのです。

ブルーベリーを食べる場合

アントシアニンの効果を期待する上で、例えばブルーベリーといった食品から一日に必要なアントシアニン量をまかなうとなると、アントシアニン含有量が高いことで有名なブルーベリーでさえも実に500g程度、もしくはそれ以上もの量を食べる必要があることで知られています。これは片方の手のひらに収まるような量ではないので、よほどブルーベリーが好きで金銭的余裕のある方でない限り、あまり現実的とはいえません。

食品から摂取するデメリット

アントシアニンの効果を期待する上で、食品からアントシアニンを摂取しようとなるとそれなりの制限を伴うこととなります。というのも食品に含まれるアントシアニンは長時間の保存や、調理に伴う熱に弱い性質を持っています。更にアントシアニンは摂取後24時間もたたないうちに体外に排出されてしまいます。つまりアントシアニンを食品から摂取する場合、新鮮なまま、熱を加えず、こまめに摂取する必要があるということ。食品からアントシアニンを摂取しようとなると、このような制限が強いられることとなるのです。

サプリメントでの摂取が効率的

アントシアニンの効果を十分に期待する、一日に必要なアントシアニン量をまかなうという意味では、ブルーベリーといった食品よりもアントシアニンサプリからの摂取が効率的かつ現実的です。個人によっては少々のアントシアニン量では効果が感じられないという場合もあるので、摂取量を自由に調整できるサプリメントにしておいたほうが無難でしょう。

アントシアニンの効果を高めるルテイン

アントシアニンの効果を高めてくれる栄養成分ルテイン。アントシアニン単体でも目への健康効果は期待できますが、一緒に摂取することでより目の健康維持に貢献してくれるのが「ルテイン」と呼ばれる成分です。ルテインには強力な抗酸化作用があり、目への有害な光照射に伴う活性酸素の発生から目を守ってくれる働きがあるのです。

ルテインはその働きから、天然のサングラスとも呼ばれているようです。目のメンテナンス的な位置づけのアントシアニンに対し、ルテインは目の保護的な位置づけとされるものです。ルテインは体内で合成できないことから、食品、サプリメントから積極的に摂ることが推奨されています。ちなみにルテインは緑黄色野菜、卵の卵黄に多く含まれているようです。

アントシアニン関連情報